音像

音像:
オーディオ装置で音楽等を再生した場合に、楽器や声が、その場所にあたかも姿、形が見えるように再現される、その様子を表す言葉。感覚上の音源。立体音響の再生に利用。

---------------






"音像には、3つの要素を感じる。
色彩、情景、温度だ!君の絵にもね!ちひろ君!
俺のドラムは幸せもんだぜ!"





と、本を出す時に、村上ポンタ秀一ことポンタさんに言葉をもらった。






私も音楽と絵のことって比べたり、重ねたり、よくする。




絵は聴くもの。音楽は観るもの。




って感じが1番するかな。






絵は見ない。
音楽も聞かない。





覗く。
深いところを。







だから、絵は、絵の声を音をきく。
表面の絵の具成り立ちや、描かれた意味や理由だけみてたらつまんない。






音楽は、逆。







それが感じるってことだと思う。








あと、ポンタさんに言われて嬉しかった言葉は、





"貴方の絵は俺の心の深いところに
温かいランプみたいなあかりを灯すんだよね。"






って言葉。


















Wellcome!

2012.7.8

越ちひろ初のアートブック「Birthday」発売

2000円税込

 

お買い求めはch.booksにて。

お問い合わせ:026-217-5687

mail@chan-nel.jp

 


 

 

越ちひろ facebook https://www.facebook.com/chihirokoshi

 

 

share button

私は魚になって一緒に海を泳いだ。
私は魚になって一緒に海を泳いだ。

2016年

10月

17日

花火

続きを読む

2016年

4月

07日

高校生の私

続きを読む