好きという全て





今年34歳。
人生の半分以上、絵と生きてる。



人生をかけて、向き合おうと決めた中学3年の時、本格的に向き合い始めた高校1年生。




それからずっと1番に考えてきた。






なぜ進み続けるのか、
趣味にしないのか、
やめないのか、








それは絵を描くことが心から好きだから。








これが全て。









今日、北島康介さんのプロフェッショナルの番組を見た。




300日追いかけた1時間番組の中で




彼は孤独と闘いながら、
水泳を続ける理由を




私は水泳が本当に心から好きなんだ。
と、思えた。



そしたら番組の最後に、
いろいろな複雑な言葉ではなく、



水泳が好きだ。




と一言あった。







好きだという気持ちが1番強いパワーだと思う。





愛にはいろいろなものが溢れる。




言葉にはうまくならないもの。




苦しさにも打ち勝つパワー。






私の絵も、好きなんだというたった一つのその全てが
もし絵に表れているとしたら、




その気持ちは、言葉で吐くよりも強い"好き"なんだと思う。










気がつくと、一枚の絵が終わると、なんでもない日常の隙間に、
次はどう進化すべきかを
どうすれば次にまた上がれるかを
考えている私がいる。



















Wellcome!

2012.7.8

越ちひろ初のアートブック「Birthday」発売

2000円税込

 

お買い求めはch.booksにて。

お問い合わせ:026-217-5687

mail@chan-nel.jp

 


 

 

越ちひろ facebook https://www.facebook.com/chihirokoshi

 

 

share button

私は魚になって一緒に海を泳いだ。
私は魚になって一緒に海を泳いだ。

2016年

10月

17日

花火

続きを読む

2016年

4月

07日

高校生の私

続きを読む