NY

 

いろんなものが、大きかった。

町も人もファッションも絵もハンバーガーもギャラリーも。

 

 

 

確かなものは、日焼けとダニ。

歩いて歩いて見つけて見て会って実感した。

夜はこの旅で知り合った人たちが毎日毎日会ってくれた。

見たものも8本のフィルム写真も過去になり、思い出となり、人は淡く儚く夢のよう。

 

 

 

とにかくたくさんのポストカードをあの場所に置いてきた。置いてきたのじゃない、手渡した。

私の絵をみんながBeautifulって褒めてくれた。

絵だけじゃなく、トランクや帽子やペンダントも褒めてくれた。

そのことは、私そのものが、表現なのだと再確認させた。

どこも手を抜く気はない。

 

 

 

 

またあの場所へ行く。今度はもっと大きな絵を見せに行く。

儚いものは、確かなのだと確かめに行く。

 

 

 

 

今は、淡く夢のよう。

いつかじわじわくるのだろうか。

今は、肌に残るものだけが確かであり、これもまた、消えていく。

 

 

 

 

人生とは、その繰り返し。

淡く儚く、確かにここにある。

 

 

 

 

私は永遠の旅人になりたい。

 

 

 

 

探し物がある。

 

 

 

夜の7時頃。ニューヨークのこの色が好きだった。
夜の7時頃。ニューヨークのこの色が好きだった。

Wellcome!

2012.7.8

越ちひろ初のアートブック「Birthday」発売

2000円税込

 

お買い求めはch.booksにて。

お問い合わせ:026-217-5687

mail@chan-nel.jp

 


 

 

越ちひろ facebook https://www.facebook.com/chihirokoshi

 

 

share button

私は魚になって一緒に海を泳いだ。
私は魚になって一緒に海を泳いだ。

2016年

10月

17日

花火

続きを読む

2016年

4月

07日

高校生の私

続きを読む