シンプルな生と死

 

 

最近呼吸をするように私を表現しています。

 

店舗デザインを手がけた時は、近所の滝に枝を集めに行って、枝でオブジェをつくる。

 

庭の花で、生け花をする。

 

散歩しながら、花冠をつくる。

 

野菜を大きなお皿に盛りつける。

 

プレゼントに絵を描く。

 

その合間に、キャンバスに向かう。

 

私が生きるたくさんの時間に、息を吸って吐くように、私を表現しています。

 

 

 

 

表現とは。

 

優しさや喜びだけでは成り立たない。

 

 

 

生きるとは、人間とは、相反する2つのものを、同じ心に抱えているのだ。

 

私は、孤独を抱えた、寂しがりやなのである。

 

美しい花には、とげがある。

 

華やかな色ほど、毒を持つ。

 

夜と朝は同時に来ない。

 

しかし、日は昇る。

 

命をもらい、命を繋ぐ。

 

咲く者は、散りゆく。

 

美しい月は、孤独だ。

 

私には、男性原理アニムスがいる。

 

けれども女性なのだ。

 

とんでもなく自由で、解放的だが、そのことの寂しさや孤独や、心許なさもある。

 

選ばれし者は、恍惚と不安をもつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、生きながら、死を抱えて、なにかを表現する。

 

心よりもっともっと深い場所にある、魂を吐く。

 

感情よりも深い場所。

 

 

嬉しさも悲しさも、越えた場所。

 

言語では、表しきれないことがある。

 

 

 

 

 

 

 

Wellcome!

2012.7.8

越ちひろ初のアートブック「Birthday」発売

2000円税込

 

お買い求めはch.booksにて。

お問い合わせ:026-217-5687

mail@chan-nel.jp

 


 

 

越ちひろ facebook https://www.facebook.com/chihirokoshi

 

 

share button

私は魚になって一緒に海を泳いだ。
私は魚になって一緒に海を泳いだ。

2016年

10月

17日

花火

続きを読む

2016年

4月

07日

高校生の私

続きを読む