孤独

 

 

絵の具が手や足から離れない生活がまた続いた。

 

描いても描いても描くことが終わらない。

 

髪の毛は太陽に焼けて傷んで、足は蚊に刺された跡と脚立にぶつけた跡ばかり。

寝不足や疲れもたまって、思考は止まる。

ただ、ただ、夢中に描く日々。

夜は、大抵次の日を迎えるまで。最近は平均睡眠4時間半程度で描いていた。

すべてが絵の具に染まっていく。

 

 

 

手も洗わずにコンビニで買い物。

血管みたいに手を流れる黒い絵の具に、店員さんがびくっとした。

 

 

 

 

絵の具は、服よりも近くに感じる物質。

絵の具という物質が、身体という物質を通して、私という存在と重なって、

ここにいなさいと私に言う。

形あるものは空。空は形あるもの。

形あるものが意味するのは空であり、空が意味するものは形あるものである。

 

 

 

 

私の匂いのように、私の色になって、私を訴える。

私の色。私の肌。 私の存在。

 

 

 

手には、マニキュアや指輪はしない。

夜に1人、絵の前で、絵の具を足の爪に塗った。

 

 

 

 

 

 

 

最初は、どんなものでも、泣きそうになるほどできなくて、不安になる。

模倣しなければ当たり前のことだ。

できなくで、少し気がゆるむと本当に泣いているくらい落ちる。

でも、最後はいつもいいものになる。

いいものになると信じて立ち向かう。

これは、私との戦い。

私には負けない。負けちゃいけない。

 

 

 

 

 

 

最近、本棚と本を描きまくった。

本を描き続けて寝れずに生きるか、夢の中で本に潰されて死ぬか、

どっちかだ。と思った。

描かないで生きると言う選択は、私にはないと思った。

生きるか死ぬか。

それは、死を感じないと、生を感じない。

ということ。

苦労をしないと努力をしないと、本当には笑えない

ということ。

そういう生き方をしていたい。

 

 

 

 

 

 

最近絵を買ってくれた人に

越さんは自分を一言で表すとどんな人ですか。

と、聞かれた。

 

 

孤独な人だと思います。

と答えた。

 

 

 

 

月の光を浴びて、赤いワインを飲む。

髪は狼の尾。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Wellcome!

2012.7.8

越ちひろ初のアートブック「Birthday」発売

2000円税込

 

お買い求めはch.booksにて。

お問い合わせ:026-217-5687

mail@chan-nel.jp

 


 

 

越ちひろ facebook https://www.facebook.com/chihirokoshi

 

 

share button

私は魚になって一緒に海を泳いだ。
私は魚になって一緒に海を泳いだ。

2016年

10月

17日

花火

続きを読む

2016年

4月

07日

高校生の私

続きを読む