エンククイ opening party

 

 

entkukuiの個展のopening partyします。

15日19:30-ある程度の時間まで。

16日19:30-20:30

 

みなさんに会えるの楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日東京に搬送しました。新作9点。

作品梱包したり運んだりしてると、これ普通の女の子には無理だな、といつも思う。

でも、一応は、なんだってやろうと思えばできるし、やりたい!って思う。

絵描き?芸術家?アーティスト?どの肩書きもいつもしっくりこない、

けれどそれらってパワフル。

 

 

 

 

 

たる木切って木枠つくって、綿布張って、バンド水塗って、ジェッソ塗って、手のひらに青あざ出来て、描いて、描くだけじゃないことして、運んで、釘打って、ドライバー使って、展示して、DMデザインして、名刺つくって、壁ペンキ塗って、おかげで高いところも平気だし、重い物も持てるし、デザインも勉強してないけれど自分の好きにやってる。

できるだけ出来ることは自分でやって体に染み込ます。

無理かもと思ったことも人に託さずとりあえずやってみる。

自分の手でやることが、一番実感するから。

やったことは、苦しくても苦しかった分だけ、何百倍もの喜びに変わるから。

その経験が、これから起こる苦しいこともきっとそうなると信じて進めるから。

 

 

選択肢は、苦しく未知で怖い方を選ぶ。

楽な方は、もう私が知り得ていること。

わかっていることを繰り返しても道は切り開けない。

絵も同じ。挑戦。創造と破壊の繰り返し。

 

 

 

 

 

描くことには、その実感が最大にある。

パソコンを使った仕事は、人に頼っている感覚がある。画面に色を置く行為も。

このパソコンが壊れたら、私はパソコンのせいにする。出力したときの色の違いもどこかのせいにする。

でも、絵が駄目なら、私のせいだ。全部私のせいだ。

大きな機械であっさりできる物より、自分でノコギリや小さな機械で切った物に喜びを感じる。

大量生産よりも、世界にたった1枚の絵がいい。

 

 

 

 

 

 

絵の具がなくても、水と土だって描ける。足だって描ける。地面にだって描ける。

それすら無理なら、紙を破ったり、何かで形をつくるのもいい。気持ちがあれば生むことができる。

私が創る。何もかも私の好きにする。そこに芸術はある。

無意味なものが、とても大切だったりする。

 

 

 

 

 

 

たくさんの絵が消えた部屋。

落ちた絵の具が、床をまた新しくした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Wellcome!

2012.7.8

越ちひろ初のアートブック「Birthday」発売

2000円税込

 

お買い求めはch.booksにて。

お問い合わせ:026-217-5687

mail@chan-nel.jp

 


 

 

越ちひろ facebook https://www.facebook.com/chihirokoshi

 

 

share button

私は魚になって一緒に海を泳いだ。
私は魚になって一緒に海を泳いだ。

2016年

10月

17日

花火

続きを読む

2016年

4月

07日

高校生の私

続きを読む